<   2008年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

プレゼントがふたつ

① 庭で育ったイチゴ
f0167183_17471568.jpg

二人で一つずつ、いただきました。

② 長女からの贈り物
f0167183_17472877.jpg

外を歩く機会、カメラを持って出かける機会が増えたので、キャップは嬉しい。
私達の好みをわかっているのは、娘ならでは。
お揃いはチョット照れるけれど・・・
[PR]
by tectec7 | 2008-05-30 17:53

西海鹿島「サンセットクルーズ&ほたるウォッチング」の周辺

① 今にも雨が降りそうな空模様。
   手前に見える船が「ユメカイナ号」、岸壁のむこうが「ガイアナ号」
   そして、奥に霞んで見える島が、愛南町西海「鹿島」です。
f0167183_8524014.jpg

② 今回は、その鹿島で「夕日」と「ヒメボタル」を見るツアーです。
   大人千円。 西海の船越瀬の浜(ホテルとらや前)に集合。
   午後6時出発です。

  船体がユニークな「ガイアナ号」
  船底がガラスでできていて、海の中を見ることができます。
f0167183_923820.jpg

③ こちらは、私たちが乗った「ユメカイナ号」の船内。
  乗船する客室が、海中へ沈むので、座った状態で海中の観察ができます。
  しかし、この日は曇天の夕方、クラゲ以外見えませんでした。
  「クラゲツアーやな」と係りの人も。
f0167183_973557.jpg
 
④ この後、鹿島を一周します。
  この方向に夕日が見える予定でした。
f0167183_1355083.jpg

⑤ 途中で洞窟に入りました。
  「ユメカイナ号」ぎりぎりの大きさです。
  船長さん慣れているとはいえ、すばらしい操船技術。
f0167183_1361796.jpg

⑥ 鹿島到着。
  ここには猿と鹿がいるのですが、鹿の声を聞いただけで姿は見ませんでした。
f0167183_1363364.jpg

  食事(各自持参)や休憩しながら、8時を待ちます。
  山から帰ったあと、ここで抽選会もありました。
f0167183_13284078.jpg

⑦ 8時、各自懐中電灯を手に係りの人の案内で山へ入ります。
   10分ほど登ったところに第一ポイントがありました。(ポイントは2箇所)
   見上げると山一面に、小さい光でチカチカと光っています。
   源氏ホタルとはまったく違った光り方で、点滅の間隔が短く幻想的です。
   懐中電燈を消し、しばらく幻想の世界に浸りました。

   申し訳ありませんが、その時写真は前回と同じ理由でありません。
   
   フラッシュで撮ったこの写真は、オスだと思われます。1cm弱の小さなからだです。
    
f0167183_137774.jpg

⑧ 8時50分、帰路につきます。
  船越には9時丁度に着きました。 車に乗ると雨が降り始めました。
  今日参加した、どなたかの行いが良かったのでしょうね。ありがとうございました。
  
  肝心の「夕日」と「ホタル」の写真がありませんので、表題が「周辺」です。
f0167183_1373076.jpg

[PR]
by tectec7 | 2008-05-23 23:49 | 愛南町のイベント

我が家の前をホタルが飛びました

我が家の前をホタルが飛ぶと、近くにあるスーパーの裏にホタルが出たしるしです。

早速行ってみました。

10時頃だったので、ホタルが飛ぶ時間は過ぎていましたが、草むらの中で光っています。
写真には撮れないので、近くに飛んできたのをフラッシュを焚いて証拠の1枚。

撮れない理由。
 ① スーパーが夜間(10時マデ)営業となり、駐車場が明るくなった。
 ② その上通学路で、昨年街灯を沢山つけた。
 ③ なにより、真っ暗のなかで写真を撮る技術が無い、残念。
 
f0167183_904054.jpg

[PR]
by tectec7 | 2008-05-22 22:42

庭の花たち

f0167183_18193671.jpg
f0167183_1819483.jpg
f0167183_18195974.jpg
f0167183_1820812.jpg

[PR]
by tectec7 | 2008-05-21 18:20 | 愛南町の風景

南高の花売り娘

① 南宇和高校農業科の生徒さんが、リヤカーに花を乗せて売っています。
  「農業は作るだけでなく販売も重要」ということで授業の一環です。
  我が家の前を通ったので声をかけました。
f0167183_17194665.jpg


② リヤカーは結構年季物です。
f0167183_1720848.jpg


③ カーネーションと小さな花の苗を4つ買いました。
  さて、いくらだったでしょう?
f0167183_17212638.jpg


④ カーネーション300円、小さな花50円×4 合計500円でした。
f0167183_17225466.jpg

[PR]
by tectec7 | 2008-05-19 17:31

マーラーの命日に

① 24年前、初めて買ったCDが、マーラーの交響曲第6番でした。
   クラウス・テンシュテット/ロンドンフィルが1984年4月6日初来日し、
   昭和女子大人見記念講堂で、マーラーの交響曲第5番を聞きました。
   
   その翌日、ヤマハ銀座店でサイン会がありそこで買いました。
   左下から、右上に白いペンで書かれているのはその時のサインです。
   
   当時、東京でもCDを買う人はほとんどいませんでしたが、
   今では音楽もネットで配信される時代になってきました。
   
f0167183_18244542.jpg

② その後、東京FMより大阪でのライブ版がでました。
   交響曲第5番は、4楽章のアダージェットがゆったりとした良い曲です。
f0167183_18245670.jpg

[PR]
by tectec7 | 2008-05-18 18:27

山出温泉で落語の会がありました

① 山出(ヤマイダシ)温泉には、こんな藁葺の民家も移設しています。
f0167183_18171326.jpg

② チョウナづくりの家。
f0167183_18172954.jpg

③ 奥に、お城の屋根が見えます。
f0167183_18174356.jpg

④ その中で、夜、落語の会がありました。
   朝知らされてすぐ行けるのですから、対応力があるというかヒマというか。
   愛媛では有名人、らくさぶろうさんも「立ち消え線香」を熱演。

   写真は、始まる30分前。この後ズーッと太鼓を聴きました。
   長かったー。
f0167183_18175425.jpg

[PR]
by tectec7 | 2008-05-16 18:29 | 愛南町の風景

スイスイ園

① メダカも撮ったのですが、うまくいきませんでしたので景色を。
f0167183_827265.jpg

② 野イチゴの花
f0167183_8271498.jpg

     「野いちごは風そぐ葉陰に咲いており」  落花生

③ コウホネ
   ※池や緩い流れの川に生える多年草。水質の悪化で少なくなっている植物のひとつ。
f0167183_17334191.jpg

④ ?
f0167183_17335322.jpg

[PR]
by tectec7 | 2008-05-15 08:31 | 愛南町の風景

気になる木

① 山の中を通る「広域農道」(いかにもそれらしい名前でしょう)を車で走っていると、すらっと伸びた木の天辺に花が咲いているのを発見。
f0167183_17325586.jpg

② これは何の木気に成る木と、引き返して200ミリで寄って見ると。
f0167183_17331180.jpg

③ もう少しアップで。
  最近買った「俳句の花図鑑」で調べると「桐の花」※
f0167183_17332135.jpg

④ 「天空まで登りつめよ吾子よ桐の花」  落花生
f0167183_17333045.jpg


※幹が数メートル直立し、そこから枝を四方に広げる。淡紫色の花はその枝の先端から空に向かって直立し、遠くからでも目立つ。
 良質な家具財となるため、かつては女子が生まれるとキリを植え、嫁ぐときにはそれでタンスをつくった。 
[PR]
by tectec7 | 2008-05-13 17:38 | 俳句

「山出(ヤマイダシ)憩いの里温泉」でいろりを囲んで

① 普通なら温泉の紹介ですが、今回は「炉端焼き」
   建物は、地名が城辺(ジョウヘン)ということで、お城。
   町内には、小学校、公民館もお城の形があります。  チョット変かな?
f0167183_2022546.jpg

② その隣、この中に炉端焼きがあります。
f0167183_20231040.jpg

③ お品書 5千円で飲み放題。
f0167183_20232398.jpg

④ 焦って少々ピンボケですが、右上はキビナゴ、かつをの刺身と、タビエビ。
   食べることに集中していると、写真を撮ることを忘れます。
f0167183_2023334.jpg

⑤ ということで、料理の写真はこの二枚のみ。
  姫っこ地鶏と武久海産のメザシ(持込)
f0167183_20234532.jpg

⑥ 最初のお城の中では、土・日・祝日限定でバイキングをしています。
   今日は終了したので、もうほとんど残っていません。
f0167183_20235683.jpg

[PR]
by tectec7 | 2008-05-12 20:58 | 愛南町の食